トップページ

濡木研究室では,生命現象を原子分解能レベルで理解することを目的として研究をすすめています.

SaCas9_icon_s.jpg

我々の研究室では, 生物学的に重要な生体高分子(蛋白質・核酸)の立体構造をX線結晶構造解析により決定することを第一目標として研究を進めています. そしてさらに,解明した構造から得られる知見を実証するために, in vitroおよびvivoでの機能解析等も行っています.

ニュース

16/4/11
博士2年 糟谷君・卒業生服部さんらによるATP受容体P2Xの機能と構造に関する論文がProc Natl Acad Sci U S Aに掲載されました.
16/4/4
卒業生 加藤一希さんらによる脂質メディエーター産生酵素オートタキシンとその阻害剤であるDNAアプタマーの機能と構造に関する論文がNat Struct Mol Biolに掲載されました.
16/3/17
修士1年 平野清一君らによるCRISPR-Cas9の構造と機能に関する論文がMol Cellに掲載されました.
16/2/29
研究員 中根さんらによるシリアルフェムト秒結晶構造解析に関する論文がProc Natl Acad Sci U S Aに掲載されました.
16/2/18
博士1年 森田さん・卒業生 加藤一希君らによるコリン産生酵素ENPP6の構造と機能に関する論文がScientific Reportsに掲載されました.
16/2/10
修士1年 平野君らによるCRISPR-Cas9の構造と機能改変に関する論文がCellに掲載されました.
16/2/2
博士1年 糟谷君・卒業生服部さんらによるATP受容体P2Xの構造と機能に関する論文がCell Reportsに掲載されました.
15/1/14
研究員 中根さんらによるシリアルフェムト秒結晶構造解析に関する論文がJ Biochemに掲載されました.
15/12/1
研究員 中根さんらによる位相決定に関する論文がActa Crystallogr D Biol Crystallogrに掲載されました.
15/11/24
卒業生 田中さん・塚崎さんらによるバクテリアのタンパク質輸送装置、SecYEG複合体の構造と機能に関する論文がCell Repに掲載されました.
15/10/13
博士1年 谷口君・卒業生 加藤英明君らによる鉄輸送体ferroportinの構造と機能に関する論文がNature Communicationsに掲載されました.
15/8/27
小型CRISPR-Cas9の構造と機能に関する論文がCellに掲載されました.
15/6/26
博士1年 武本君・卒業生 加藤英明君らによる光駆動性チャネルの分子動力学シミュレーションに関する論文がPLOS Oneに掲載されました。
15/5/15
卒業生 加藤英明君・博士1年 谷口君らによる光駆動性チャネルの構造を応用した光遺伝学ツールの開発に関する論文がNature Communicationsに掲載されました。
15/5/11
博士1年 福田君らによる硝酸輸送体NarKの構造と機能に関する論文がNature Communicationsに掲載されました。
15/4/9
博士3年 松本君らによるpiRNA経路因子Maelstromの構造と機能に関する論文がCell Reportsに掲載されました。
15/4/6
卒業生 加藤英明君らによる光駆動性ナトリウムポンプKR2の構造と機能に関する論文がNatureに掲載されました。
15/1/19
修士2年 李君らによる糖輸送体SemiSWEETの構造と機能に関する論文がNature Communicationsに掲載されました。

コンテンツ